ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2021年度

鶴雅リゾートの新ホテルでZEBを実現
~道内初となる増改築によるホテルのZEB事例~

2021年10月7日

鶴雅リゾート株式会社
北海道電力株式会社

 鶴雅リゾート株式会社(本社:釧路市阿寒町、代表取締役:大西雅之、以下「鶴雅リゾート」)の新ホテル「とうや湖鶴雅リゾート 洸の謌(ひかりのうた) 増改築工事」(2023年竣工予定)が、ZEB Ready※1を達成しますのでお知らせします。
 同ホテルは、既存の宿泊施設を増改築し、新たにリゾートホテルとして開業するもので、増改築によるホテルのZEB実現は道内初の事例です。

「とうや湖鶴雅リゾート 洸の謌」完成予想図

「とうや湖鶴雅リゾート 洸の謌」完成予想図

 鶴雅リゾートは、同ホテルに関して、カーボンニュートラル実現に寄与するZEB化を実現するため、北海道内でZEBコンサルの最多実績を持つ北海道電力株式会社(本店:札幌市、代表取締役社長:藤井裕、以下「北海道電力」)へ協力依頼を行い、北海道電力がZEBプランナー※2として同ホテルの開発計画に参画しました。

 北海道電力は、これまでのZEBコンサルの知見を活かし、鶴雅リゾートおよび設計会社の株式会社遠藤建築アトリエ(本社:札幌市、代表:遠藤謙一良)に対し、高効率空気熱ヒートポンプによる空調・給湯システムや高性能断熱材・窓の導入、クールヒートトレンチシステムなど、ZEB実現のための省エネ手法を提案しました。これにより、同ホテルは基準値と比較し、設計値で1次エネルギー消費量51%削減を実現しました。
 また、北海道電力は、竣工後のエネルギー分析や現地の省エネルギー診断を通じて、運用面における省エネのサポートも行ってまいります。

 鶴雅リゾートは、北海道を代表するホテル事業者として、ESG活動とSDGs達成のために、環境配慮型ホテル事業の実現に取り組むことが、アフターコロナを牽引していくための重要な課題であると考えています。
 今後も北海道観光のブランド力向上と地域活性化への貢献を目指した宿づくりに取り組んでいき、「100年ブランドの創造」として環境対策を強化することで、世界に発信できるエコリゾートを目指してまいります。

 北海道電力は、カーボンニュートラル実現に向けて、再エネの導入拡大やグリーン水素の利活用などの供給側の取り組みに加え、需要サイドで注目を集めるZEBに関しても、これまで培ってきたエネルギー利用に関するノウハウと最新の知見を活用し、グループを挙げてお客さまの脱炭素の取り組みをサポートしてまいります。

■物件概要

物件概要

  • 名称:とうや湖鶴雅リゾート 洸の謌
  • 所在地:北海道有珠郡壮瞥町壮瞥温泉88-26
  • 延床面積:9,019m2
  • 規模:地上4階
  • 構造:鉄筋コンクリート造
  • 竣工:2023年予定
  • 設計:株式会社遠藤建築アトリエ
  • ZEBプランナー:北海道電力株式会社
  • ZEB設計支援:北電総合設計株式会社
  • その他:経済産業省 令和3年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業※3採択
  1. ※1: ZEBとは、快適な室内環境を保ちながら、高断熱化・日射遮へい・自然エネルギー利用・高効率設備などによる省エネと、太陽光発電などによる創エネにより、年間で消費する一次エネルギー消費量がゼロ、あるいは概ねゼロとなる建築物のこと。
    削減率の達成状況に応じて、ZEB(100%以上)、Nearly ZEB(75%以上)、ZEB Ready(50%以上)、ZEB Oriented(建物の用途により30または40%以上)に分けられる。達成状況は、国交省の指針に基づく第三者認証が必要で、同ホテルは2021年11月に「ZEB Ready」の認証を取得予定。
  2. ※2: お客さまのZEB実現に向けた相談窓口を有し、国のZEB普及方策(ZEBロードマップ)などに基づき、国の「ZEB設計ガイドライン」や自社のZEBに関する技術や設計知見を活用して、建築設計・設備設計・設計施工・省エネ設計・コンサルティングなどの業務支援を行う事業者。当社は、2018年2月に全国の大手電力・大手ガス会社で初めてZEBプランナーに登録された。
  3. ※3: ZEB設計ノウハウが確立されていない民間の大規模建築物(新築:10,000m2以上、既築:2,000m2以上)について、先進的な技術等の組み合わせによるZEBの実現を通じ、その運用実績の蓄積・公開・活用を図ることを目的とする事業。

プレスリリース 2021年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。