ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

ほくでんグループ環境方針

ほくでんグループ環境方針

環境理念

私たちほくでんグループは、持続可能な社会の実現にあたり、地球環境に配慮した取り組みが不可欠であり、地球温暖化問題への対応や地域の環境保全対策など、あらゆる分野において環境負荷を低減することが重要であると認識しています。
私たちは、豊かな自然を有する北海道に根ざす企業として、事業活動に関わる環境負荷を低減し、自然環境の保全に努めるとともに、低廉で安定的なエネルギーの供給などを通じた地域経済の発展に貢献することで、「事業の持続的な成長」と「持続可能な社会の実現」を目指します。

(2004年11月 制定)
(2021年12月 改定)

環境指針

  1. 地球温暖化対策とカーボンニュートラル達成に向けた貢献

    再生可能エネルギーの導入拡大、原子力発電の活用、革新的技術の活用、電化の促進等、エネルギーの需給両面における脱炭素化への貢献

  2. 地域環境保全の推進

    事業活動に伴い生じる環境負荷の低減と有害化学物質の管理徹底

  3. 循環型社会の形成に向けた貢献

    事業活動における資源の消費抑制、再利用、リサイクル活動に取り組み、持続可能な循環型社会の形成に貢献

  4. 生物多様性への配慮

    事業活動による環境影響を把握・評価し、生物多様性に配慮

  5. 環境関連情報開示と対話の推進

    環境関連情報の積極的な開示とステークホルダーの皆さまとの対話の推進

(2004年11月 制定)
(2021年12月 改定)

ほくでんグループ環境方針

経営と環境の関わり

ほくでんグループの2030年における目指す姿として「ほくでんグループ経営ビジョン2030」を取りまとめ公表しています。
環境の取り組みに関係する主な内容は以下のとおりです。

【2030年度までに目指す経営目標】

  • 再生可能エネルギー発電(道外含む):30万kW以上増
  • CO2排出量:泊発電所の再稼働やLNG火力の活用などにより2013年度比で半減以上(△1,000万t以上/年)

発電部門からのCO2排出量の低減について

  • 泊原子力発電所の再稼働、再生可能エネルギー発電事業の推進やLNG火力の活用などにより、CO2排出量を「2013年度に比べ半減(1,000万t以上/年低減)」できる見込みです。
    これは、国の2030年度の温室効果ガス排出削減目標(2013年比△26%)を大きく上回る削減幅です。

当社は、2020年4月の法的分離に対応し、送配電部門の一層の中立性・公平性を確保するため、事業持株会社である北海道電力株式会社のもと、送配電事業を担う北海道電力ネットワーク株式会社を分社化しました。
ただし、分社化以前に北海道電力として一体的に実施してきた事業活動に関する実績や、北海道電力および北海道電力ネットワークが共同で実施する取り組みなどについては、引き続き「ほくでんホームページ」でご紹介しております。
分社化の詳細につきましては、以下をご覧ください。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。